アトピーが悪化するのはコレ!避けるべきものは避けるのが基本

アトピーが何で悪化するのかわからない。

子供がアトピーなんだけど、自分はアトピーじゃないからサッパリ何がなんだか・・・。


そんなアトピーが何をしたら悪化するのかさえわからない方も多いはず。

基本中の基本である、アトピーが悪化する要因になる避けるべきもの。

今回は基本のおさらいです。

 

あ、突然ですが人気ブログランキングに参加中!1回のポチで更新頑張れます!

アトピーの原因を取り除くことは、アトピー対策の理想であり困難なことでもあります。

個々に出かたも違うし、その数も違うので全てを避けることは雨を除けるくらい厳しいものがあります。

でも、避けられるものを避けられれば、症状は軽く済むしコントロールしやすくもなります。

なので、アトピー対策の基本として知っておきましょう。

アトピーが悪化する要因は大きく分けて3つあります。

1.皮膚と接触するもの
2.アレルギーを起こすもの
3.生活に関わるもの

もう少し詳しく説明します。

1.皮膚と接触するもの

皮膚と接触するものは、2.アレルギーを起こすものと被るところもありますが、皮膚と接触するものをちょっと考えてみてください。

衣類、石鹸、シャンプー、水、化粧品、爪・・・。

いくつか思い浮かびましたか?

皮膚と接触するということは、それだけで刺激となります。

アトピーの場合、皮膚バリア機能が低下しているので、皮膚に何かが接触すると表皮近くまで伸びた神経が敏感に察知して痒みを誘発してしまいます。

接触するものに対して、アレルギーが起こるものもあるのですが、それとは別の話です。

接触するだけで刺激になる、例えば衣服が動くだけで擦れる・・・それだけで痒くなるってことです。

痒くなると掻きますから、爪も接触します。

痒みが痒みを誘発して、どんどん痒くなり爪だと皮膚を傷つけて雑菌が侵入し、ジュクジュクしたり瘡蓋になったり。

多くの原因は擦れることの摩擦、体を洗うのに擦れば痒くなるし、地方で風の強い日に外へ出れば畑の土が飛んで皮膚を擦っていきます。

皮膚に接触し、摩擦が生じるものは全て刺激になって痒みが出ます。


2.アレルギーを起こすもの

アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種です。

でもアレルギー性皮膚炎とアトピー性皮膚炎は別物とされていて、アレルギー性皮膚炎は接触アレルギーだったり、薬物アレルギーだったり、食物アレルギーだったりします。

アトピーの場合は、それらを含めて別の要因と混ざり合っているから、アレルギー対策だけしても治りません。

しかし、それでもアレルギー要因は避けるべきです。

アレルギー症状が出ると、やはり痒みがあるし、一時的な湿疹が慢性的な湿疹に繋がることもあるからです。

アレルギーを起こすアレルゲンがあるものの代表例としては・・・

・ハウスダスト
・ダニ
・動物の毛
・食品(農薬・添加物・化学肥料・ヒスタミン)
・薬
・金属
・植物(葉っぱとか)
・化粧品や日焼け止めなど
・花粉や黄砂
・大気汚染
・シックハウス(化学物質)
・カビ菌(真菌)

一般的なアレルギーを起こすものはポンポンと浮かぶと思います。

注意したいのは、強いアレルギーを持っている場合です。

アトピー云々の前に、アナフィラキシーショックになってしまうと命に関わるので、絶対ダメなものは必ず避ける。

私の子供もアナフィラキシーを起こして大変でしたので、体に大きな赤い斑点が出たら要注意です。

アトピーの症状とは違いますので、注意深く症状を確認するのも大切です。

アレルギーを対策することで、痒みに繋がるので検査をするのもいいと思います。

ただ、血液検査は目安なだけで実際にプリックテストした方が無難です。

子供の場合は、内臓が未発達で食物アレルギーが出やすいので大人よりも対策するべき。


3.生活に関わるもの

普段の生活でっも、アトピーが悪化するものがあります。

・ストレス
・酒
・タバコ
・暴食
・紫外線
・寝不足

これはどういうことかというと、アトピーの場合は体内で起こることがアトピーでない人と違うのが原因です。

SODが少ない。

SODは体内で発生した活性酸素を抑制する働きがあります。

ポリフェノールも同じですね。

活性酸素が抑制できないで体内で過多になると、結合性が高いので脂質と合体してしまいます。

それが過酸化脂質です。

活性酸素自体は必要なものですが、余ったら正常な細胞を攻撃してしまいます。

脂質と合わさった過酸化脂質は、血管から皮膚へ浸透しアトピーを悪化させます。

特に大人の尋常ではないストレスを受けたとき、アトピーは翌日には悪化していきますので、それほど活性酸素が大量発生したんだと思ってください。

対策は活性酸素を減らすか、脂質を減らすかです。

活性酸素を抑制するポリフェノールを意識して食事で摂取する、サプリを飲む。

脂質は油もの・チョコ・コーヒーなどを取り過ぎないように気を付ける。

後は規則だたしい生活習慣を身に着けて、ストレスをどう発散させるのかを考えることです。


さらっとアトピーが悪化するものを上げてみました。

1つ1つ取り上げていくと、あと数万文字必要なのでやめておきます。

「接触するもの」「アレルギー」「生活習慣」、この3つだけはアトピーが悪化すると覚えておいてください。

まずは意識してみましょう。

自分に必要だと思ったら、対策していけばいいと思います。
関連記事

かゆい頭皮はシャンプーで対策


頭が痒くてボリボリ掻いちゃう。 フケが多くなるし、かさぶたできたり・・・抜け毛も気になってきた。

そんな、頭皮アトピーで痒くて不安があるなら、澡シャンプーに切り替えてみては?

100%自然由来の天然ハーブシャンプーで、頭皮にしみません。
抗炎症成分や抗菌成分がたっぷりだから、お風呂上りの痒さが全然違うし、洗い上がりはサッパリで髪はしっとり。


子供や赤ちゃんも安心して使える成分で、痒みだけじゃなくフケ・抜け毛・頭皮の臭いも抑えるシャンプーです!


赤ちゃんや子供の皮膚バリア対策どうしてますか?

ライスパワーNo.11は医薬部外品で水分保持能の改善が認められた成分。セラミド産生するから、皮膚バリア機能を高めることができます。

大人アトピーでシワが気になる方にもオススメです。

Date: 2016.09.16 Category: [アトピー性皮膚炎]アトピー性皮膚炎を知ろう!  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


ランキング

ブログランキング参加中!
応援よろしくね♪

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

Pick Up

土佐清水病院
かえるがアトピーで通院している土佐清水病院情報【丹羽式アトピー治療法】
丹羽療法の効果は?写真付き掲載中!
丹羽療法でアトピーが治る?効果検証
丹羽療法アトピーが治る?検証結果

この状態が一週間で・・・

実際に使ってみてオススメしてます!


【送料・代引手数料無料!/新プレゼント!】 SOD様食品ニワーナマイルド (90包)
アトピー男が愛用するニワナ、送料無料です
ニワナ最安値検証はコチラ
SOD様作用食品ニワナ記事

NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」
アトピーなどの敏感肌に最適なスキンケア。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」
お風呂上りの保湿にホホバオイル。
頭皮など毛があるところも液体なら徹底保湿と殺菌作用でアトピー対策ができます。

有機野菜
食材宅配ならOisix(おいしっくす)
アトピーと食事は密接。
だから無農薬・有機栽培・減農薬・化学肥料不使用といった食材を探さなければなりません。
放射能チェック済みの安心感、スーパーとは味が違う食材をまずはお試し。


天然由来成分100%オーセル天然シャンプー
100%天然シャンプー。
しっとりしているのに泡立ちもよく、低刺激。
消炎・殺菌・保湿をカバーしてるから◎ オアシスのレビューはこちら

大人用
入浴剤だから、全身の乾燥肌対策がお風呂に浸かるだけでできる!
華蜜恋の体験記事はこちら

カテゴリー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

かえる(アトピー男)

Author:かえる(アトピー男)
アトピー男の奮闘記はリンクフリーです♪

アトピー・アレルギー関連の相互リンク募集中です♪

管理人の判断によりコメント及びTBを削除させて頂く場合があります。

アトピー男の管理人かえるについて
★性別★
・おとこ
★家族★
・嫁と子供の4人家族
★原材料★
・やさしさ 70%
・優柔不断 10%
・食欲 10%
・天然 5%
・その他 5%
★装備品★
・アトピー
・アレルギー性慢性鼻炎
・アレルギー性慢性結膜炎
・接触アレルギー
・尋常性白斑病
・花粉症
・Lv6アレルゲン多数
・弱いおなか

ブログ内検索
運営サイト
アトピー男が運営しているサイトです。